歯医者が苦手な方に!痛くない虫歯治療?

>

大人の虫歯と子供の虫歯

虫歯にかかる口内のしくみ

日本人の約90%の人がかかっているという虫歯、そのしくみは歯の表面に歯垢が付き、そこに虫歯をつくるミュータンス菌が棲みつくことによって酸が発生し歯を溶かすことによってできます。
同じ様に歯を磨いていても虫歯のできやすい人、できにくい人がいます。
その違いは何でしょうか?
それは虫歯菌の数の違いにあり、虫歯菌の代表であるミュータンス菌は主に親から感染すると言われています。
幼少期、親と同じスプーンやお箸を使うことによって赤ちゃんの口内に虫歯菌が発生し、それによって虫歯のできやすい体質になってしまいます。
それに加え歯の質、唾液の量も関係しており、唾液の量が多い程虫歯菌が出した酸を中和することができるようです。
唾液の量や成分は唾液検査で調べることが出来るので、気になる方は検査を受けてみましょう。

間食は要注意!

虫歯には虫歯菌が関わっていることは分かりました。
その虫歯菌の発生源は何でしょう?
アメやチョコレートなど甘いものは特に注意が必要で、アメのように長時間口の中に糖が存在する食べ物は虫歯ができやすいです。
スポーツドリンクなどの清涼飲料水も、口に含む回数が多いため飲み物はなるべくお茶か水が良いでしょう。
食事をする度に虫歯菌は発生するので、間食の回数が多ければ多いほど虫歯にかかる可能性が高いということです。
それでも仕事の合間や運動後は甘いものが欲しくなったり、ジュースが飲みたくなるものですよね。
我慢し過ぎ良くないので間食は一日に二回と決めたり、お子さんの場合は特にだらだらと長く食べさせないなど意識すると良いでしょう。


この記事をシェアする