歯医者が苦手な方に!痛くない虫歯治療?

>

虫歯にならない健康な歯

毎日出来るセルフケア

日頃出来るセルフケアとして、歯磨きは念入りに、口内で酸を作らせないために食後30分以内に行いましょう。
そして細菌が最も繁殖しやすいのは就寝中です。
寝る前の歯磨きを怠ってしまうと翌朝には細菌が数十倍に増えてしまいます!
朝や仕事の合間は時間がなく歯磨きは短時間になってしまいがちですが、寝る前の歯磨きは電動歯ブラシを使うなど丁寧に行い、歯磨き粉は予防効果のあるフッ化物入りの歯磨き粉がおすすめです。
フッ化物には初期の虫歯を健康な状態に戻す作用や、細菌の発生を抑制する働き、そしてもともとの歯質を強くする特徴もあります。
また、何度も口をすすいでしまうと歯についたフッ化物が洗い流されてしまうため、うがいはほどほどにしましょう。

食生活から見直しましょう

デザートや間食が習慣になっているとなかなかすぐにはやめられませんよね。
またお子さんの場合は甘いお菓子が大好きな子も多いです。
時間を決めて間食をしたり、一度食事をしたら2~3時間あけるのが理想と言われているので、短時間に何回も食事をするのは控えた方が良いですね。
唾液には口内の細菌を綺麗にする作用があるため、食事の際はよく噛んで食べることが虫歯予防にも繋がります。
お子さんには硬いものをよく噛んで食べる習慣をつけておくと良いでしょう。
口呼吸が多い方も要注意!
口呼吸をすると唾液の分泌が減ってしまうので日頃から気をつけましょう。
外出先で歯磨きが出来ない場合は、うがいをしたり、キシリトールガムを噛むなどして口内環境を綺麗に保つことも虫歯予防に繋がります。


この記事をシェアする